「夫婦は衝突するだろう」タグアーカイブ

結婚契約を結びつけることとはかけ離れています

結婚を最後にするものを見つけ出し

◆どんなデートがしたいの?
◆彼女とのメールや電話のやり取りは、どんな感じなの?メールや電話ができない時間は?
◆仕事と彼女はどっちが大事なの?
◆前の彼女とは、なぜ別れちやったの?
いかがでしょうか?「質問意図」については、質問内容を字句通りに理解しただけでは把握することができないものであり、ので、把握することが難しかったのではないかと察します。
しかも、質問の背景や理由を女性目線で考えなければなりません「質問内容」
「質問意図」
「質問意図の重さ」
私の経験に基づき、それでは、それぞれのみて下さい。
結婚契約を結びつけることとはかけ離れています

  • 婚活は難しくなってきた
  • 夫婦げんかもコミュニケーションのひとつです
  • 仮面夫婦であろう

婚活したかどうかに関わってくるのですについての及びについて、以下の表1にまとめてみましたので、皆様が考えた結果と照らし合わせて
いかがでしょうか?
「恋活女性の質問意図ってこんなに深いのか···だったら、今まで、「何気ない一般的な内容の質問ほど、質問意図の重さが重い。」
このように感じられた方も多かったのではないかと思います。
質問意図に沿った回答をしていない場合がある。」

 

結婚の方々とより良く会うことができると確信しており

(1)の「質問内容の背景にある質問意図と質問意図の重さを特定する」という能力を身に着けるためには、恋活女性からなされることが想定される各質問について、上記の表のようなものを予め頭にインプットしておく必要があります。本書では、紙面の関係上、恋活女性からなされることが想定される質問の一部しかご紹介できませんが、本書発刊の後、皆様からのご要望に応じて、他の想定質問を補充した想定質問集を作成することも考えております。
婚活したとすれば
結婚を避け始める
結婚の最後の最悪の原因の一つは
次に、(c(2)の「回答(又は回答の回避)の内容は、質問意図に沿ったものとする」という能力を発揮するためには、「”質問意図に含まれている相手の女性の不安”を解消しようとする姿勢」が必須となります。この姿勢が、言葉だけでなく、表情や態度を含めて、相手の恋活女性にしっかり伝わるようにして下さい。「誰にも言いたくない事柄」であるが故に回答を回避したい場合も同様です。
この姿勢を持つことなく、般的に女性が納得するような体裁的な内容の回答をするだけでは、このような回答は、恋活女性にとって、自分自身の不安を解消するためにしてくれたものとは思えないことから、「回答内容が質問意図に沿っていない」と判断されてしまいますので、ご注意ください。

 

結婚した女性の友人

「誰にも言いたくない事柄」であるが故に回答を回避したい場合も同様です。不安なことを解消しないと前に進むことができないのは、男も女も同じですので。
(3)の能力に関して注意すべきことは、「詳細さ·丁寧さは、“回答内容における言葉の数の多さや表現の巧みさ”ではなく、“その質問の回答に向き合う時間の長さ”によって判断される」ということです。例えば、恋活女性にとって、質問意図の重さが重い質問は、自らの不安が大きいものであることから、その質問に対する回答はとても大切なものになります。その大切なことを、恋活男性が同様に大切なことだと思って、自分の不安が解消するまで時間を使ってくれること。ここに恋活女性は誠実さを感じるのです。
結婚契約を結びつけることとはかけ離れています

恋活に誇りと賞賛の文化を創ります

この例においては、回答に際して「相手の女性の質問意図に沿い、質問意図の重さを考慮する」という能力が使われておらず、「こう聞かれたら、こう伝える」というインスタントでデジタルチックな温かみの無い対応になってしまっていますので。
以上の(c(1)(c(2)、(c(3)の各プロセスを実践することにより、相手の恋活女性は、貴男に対して、「この男性は、プライバシーを隠す意図が無くて、安心できる」
というプラスの印象を
得ることができます。
是非、恋活現場にて実践してみて下さい。