学校でアクセサリーを作る

2011-09-25【アクセサリー】カテゴリ一覧 / コメントは受け付けていません。Comments

私は学校で色んなことをして遊んでいます。主に、学校ではアクセサリーを作ることが多いです。学校では色んなアクセサリーを作って遊んでいます。みんなも学校にいる間はアクセサリーを作っている人たちが多いです。私と同じ気持ちの人が多いということです。学校では何をすればいいのか分かりません。なので、私はアクセサリーを作り始めることにしました。そうしたら、みんなもアクセサリーを作り始めてきてしまい、みんながアクセサリー作りをしています。
学校にいると、アクセサリーを作っているときに分からないところは教えてもらえます。学校ではない家で作っているときはアクセサリーの作り方を教えてくれる人はいません。お母さんは私が学校に行っている間は仕事場にいます。なので、私と一緒にアクセサリーを作ってくれません。学校で作るアクセサリーの道具はお母さんが買ってきてくれています。一生懸命稼いだお金でアクセサリーを買ってきてくれるのでお母さんに感謝しています。
私は今まで学校でアクセサリーをたくさん作ってきました。学校で作ったアクセサリーは学校の文化祭で展示してもらえることになりました。私が作ったアクセサリーを美術室に展示します。なので嬉しかったです。私が作ったアクセサリーの作品をみんなに見てもらえるなんていいことです。お母さんは文化祭の日は仕事を休んで来てくれます。なので、私が学校でっ作ってきた作品を見てもらうことができるのです。お母さんに褒められたいです。

 

Read More

存在感を示すアクセサリー

2009-04-24【アクセサリー】カテゴリ一覧 / コメントは受け付けていません。Comments

昨今、100金ショップが当たり前に日本全国どこにいってもあるのは誰もが驚かない当たり前のひとつであろう。

また、海外からきた観光客が一番、買い物の額ではなく量で見た場合、100金ショップで買った商品が一番というから驚きである。

ではどんな商材が売れているかとみれば、目的が変われば売れ筋も変わってくるし年代別にみても伺い知れる。

たとえば、アクセサリーで探っていくと面白いことが見えてくる。

100金ショップが全国にはびこる現状であれば、同じものを複数身につけた人が周囲に見れる、ということが想像されるが現実、見ることはその割に少ないと言う。



原因の背景にアクセサリーは唯一、他人に自己主張するツールであるのと同時に、自らの存在感を示すツールでもあると言われる。

そのためには購入者はいかにオリジナルティーを出すかに知恵をしぼるこに集中するとのこと。

創意工夫して出来上がったものに対して自分で価値感を与え、また感じるというのである。

物に対しての価値感は十人十色であるから同じものが簡単に誰もが作る訳がない。

だから、同じ商品を購入した物同士が鉢合わせすることが少ないのだと言われれば、納得する余地はある。



今日のご時勢、デフレが続き収入があがる見込みがない以上、こうしたアクセサリーに知恵を絞り、安価なものの組み合わせで「おしゃれ」を楽しみながら自らの存在感を示さねば、日々の生活に活力を見出せないのは異性、年齢問わず多いと思うのは小数意見ではないだろうと感じる。

 

Read More

学校の授業でアクセサリーを教えてもらう

2009-04-23【アクセサリー】カテゴリ一覧 / コメントは受け付けていません。Comments

私の学校では家庭科の授業でアクセサリーを作っています。

アクセサリーはとっても可愛いです。

なので、アクセサリーが好きです。

アクセサリーがあれば色んなことをすることができます。

アクセサリーをつければおしゃれをすることができます。

私はおしゃれををすることがが好きなので、学校の家庭科の授業でアクセサリーの作り方を先生から教えてもらえると嬉しいです。

私は学校の家庭科の授業は私が一番好きな授業でもあるからです。




学校の家庭科の授業は楽しいのに1週間に1回しかありません。

アクセサリーは1週間に1回しか作ることができないのです。

私はもっとたくさんアクセサリーを作る時間が欲しいです。

学校でアクセサリーを作るのを教えてもらう時間は少なすぎだと思います。

数学や国語、英語の授業は1週間に何時間も行なっています。

家で自主学習をしっかりして、授業内容に遅れないようにするので、私は学校でアクセサリーを作る時間を増やしてほしいです。




学校でアクセサリーを作ると学校の家庭科の先生が教えてくれます。

分からないところもしっかり教えてくれるので嬉しいです。

私は学校の家庭科の時間にアクセサリーの作り方を教えてもらわなければいけないのですが、時間が足りません。

家庭科の先生のところには生徒クラスのみんながアクセサリーの作り方を教えてもらいにいきます。

私だけが学校の家庭科の先生にアクセサリーの作り方を教えてもらうことはできないということなのです。

 

Read More