勃起させて様子を維持させるテクニックです

セックスタイムで

妊娠が発覚する前までは気付かな。非常に過酷な未来が待っています。という暗い話はこの辺にしておき、実際に仮性包茎とコンドームの関係について説明しほす。まずコンドームは基本的に仮性包茎のことをあまり考えてくれてはいない、ということがあります。一般的にコンドームは、単に男性器にくるくる巻いていけばいいんでしょ?という理解をされていますが、実は仮性包茎に対しては、少し工夫が必要です。その工夫とは、「コンドームをくるくると男性器に降ろして巻いていった後、さらに余った皮に対して、最後まで巻ききる」ということです。文章では説明しづらい部分がありますが、上からくるくると降ろすだけでは、実は足りないのです。なぜなら、仮性包茎は皮が余っている」からです。皮全体をコンドームで覆い切らず、先端からコンドームを降ろしただけだと、皮がセックス中に伸び縮みして下手をするとコンドーム全体が女性の中に全て飲み込まれてしまう可能性があります。

セックスに余裕が出てきたっていいふうに解釈すればいいじゃない

  • セックスの対象でなくなったというのならそのまま婚姻生活を続けることはお互いのためになりません
  • 筋トレを続けることで徐々に回復する時間は早まっていくはずだ
  • 勃起してこないというのは異常であることに他なりません


筋肉の一部を使えばすみます


筋トレ本をかなり読んでいてそれなりの知識を持っている人が多筋トレ本の例を挙げよう

大きな大胸筋を持っている人はボコボコと筋肉が隆起した大きな背中も持っているものだ。全身の筋肉をバランスよく大きくするということは、全身が強い大きい筋肉を作ろうとする状態になるということだ。筋肉の原料であるアミノ酸、筋肉製造の様々な反応に使われる酵素、大きな筋肉に必要な酸素を運ぶ赤血球、血液を送り出す強い心臓、筋肉のエネルギーであるATPを作るためのグリコーゲンの貯蔵能力など、とにかく全ての組織の成長が必要だ。胸だけでなく、背中、脚、全身の筋肉を大きく成長させようとしていかなければならないのだ。またそうすると、ガイスタッフ·トレーニングで最も重要であるテストステロンも増える。

筋肉は全ての筋繊維を収縮

背中や脚の筋肉は大きいので、肥大させるにはより多くのテストステロンが必要になるからだ。当然、それらを肥大させるためにテストステロンは大量に精巣から放出され、そして血流に乗って胸や腕にも届き、それらの筋肉にも作用する。太い腕は太い足が作ると。く言われる。厚い胸も厚い背中が作るのである。そうなることで一般の人が普通の生活で持っている筋肉量を超えていくことができるのである。だから自分はベンチプレスで高重量を扱いたいだけだからとか、大胸筋や力こぶだけだけ大きくなればいいからという。


筋肉群がまとめられグループとしての働きが強まるのです

セックスそのものはお互いにそれほど嫌ではなかったのに段々とお互いの心地よいと感じる

何度も言うように、筋トレをどのようにすればよいのかという方向だけで考えても駄目なのだ。しつこいようだが、筋肉を大きくしているのは、筋肉で。はなくて脳だからだ。筋肉が大きくなるということは、脳が筋肉を大きくすることを決断して、全ての体の組織にその指示を出し、それら全ての組織がその作業を開始しないといけないのである。筋肉が大きくなるミオシンアイソフォームで。筋肉を再形成するということは、その結果大きくなった筋肉に届けるエネルギーやら酸素やら、様々な反応のための酵素などの量までも、今ある筋肉を維持する状態から、全て変更しなければならないからだ。


筋肉からよい機能は生まれません

だからプラトーとは、まだその筋肉を大きくするには全体の組織の成長や準備が整ってませんよ、まだ筋肉は大きくで。きないですよ、という合図でもあるのだ。そうしてプラトーや馴れに陥った人たちは、効かなくなった、筋肉痛にならなくなったと、いつまでも同じ重量で行ったり来たりするのである。自分から、自分のトレーニングによって、脳にこれ以上の重量を上げる必要はないと判断させてしまうのだ。筋肉を大きくするには、脳に筋肉を大きくしないとマズイと思わせなければならないのにである。